【30日無料お試し】子ども靴のサブスクKutoonクトゥーン。月2千円台で、毎月交換OK、靴の寄付も受付中。

10項目比較【アンドトイボックスvsイクプル】月額料金やサービス内容を比べてみた|こんな人におすすめ!

おもちゃのサブスクサービス大手『And TOYBOX(アンドトイボックス)』と、高価なおもちゃが評判の『IKUPLE(イクプル)』を徹底比較します。

  • メディアでも取り上げられた『アンドトイボックス』ならあんしん?
  • 『イクプル』がよさそうって聞くんだけどどう?
  • 自分にぴったりなのはどっち?

といった疑問が払しょくできるよう、料金やサービス内容・おもちゃなど各項目について比較解説していきます。

また、それぞれ向いている人や他にもおすすめできるサービスについても紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

ひと目で分かる一覧表

▲『アンドトイボックス』vs『イクプル』

アンドトイボックス
比較項目
イクプル
株式会社みのり運営会社株式会社光畑紙店
スタンダード
3,278円
プレミアム
3,608円
契約プラン・料金レギュラープラン
3,700円
ライトプラン
2,490円
2か月最低契約期間2か月
4~6個
(約15,000円分)
おもちゃの数6個
約20,000~30,000円分
3個
不可おもちゃ事前確認・指定不可
3か月~4歳11か月対象年齢3か月~4歳
対応可兄妹プラン対応可
なしおもちゃゼロ期間あり
なし割引キャンペーンなし(終了)
原則、弁償不要破損・紛失原則、弁償不要
サクっとまとめると

おもちゃの事前確認と変更がしたい、という人は『アンドトイボックス』。おもちゃの質を求めたり、まずはお試しで、という人には『イクプル』がおすすめです。

ちなみに筆者はまずはお試し、という考えで『イクプル』を始めてみました。

【徹底レビュー】高価なおもちゃが評判の『イクプル』を使ってみた

もっちっち

サービスはもちろん、サポート対応のネガティブな声も少ないので、どちらを選んでも間違いはないでしょう。
自分にぴったりはどちらか評価するのに、本ページの内容をお役立てください。

\ LINEでおもちゃの事前確認&変更OK /

\ ライトプランがお得&高いおもちゃ /

▲公式サイトでもっとくわしく

タップできる目次

アンドトイボックスとイクプルを徹底比較

アンドトイボックスとイクプルを徹底比較
▲『アンドトイボックス』と『イクプル』を項目別に徹底比較

アンドトイボックス』と『イクプル』を以下の各項目について比較、さらに補足として知っておきたい特徴なども解説しています。

最終判断の助けに参考にしてみてください。

比較した内容はこちら
もっちっち

以下のハイライトした項目は差異があるため、要チェックです。

  1. 運営会社
  2. 契約プラン・料金
  3. おもちゃの数
  4. おもちゃ事前確認・指定
  5. 対象年齢
  6. 兄妹プラン
  7. おもちゃゼロ期間
  8. 割引キャンペーン
  9. 破損・紛失
  10. SNSの口コミ

運営会社

  • 株式会社みのり
    • 2017年にスタート
    • ユーザー2,500以上
  • 株式会社光畑紙店
    • 2019年にスタート
    • 岡山県の製紙会社

『アンドトイボックス』の運営会社は株式会社みのり。2017年からおもちゃのサブスクサービスを展開している高知県の会社です。

ユーザー数も順調に増えており、LINEでワンストップで契約が管理できるなど、システム投資をしっかり行う信頼性があります。

メディアにも取り上げられており、最近では2022年2月に日テレnews every.などにも取り上げられています。

▲こちらは2021年11月のTOKYO MXの番組のようす

一方、『イクプル』の運営会社は岡山県の製紙会社の株式会社光畑紙店。こちらの会社のおもちゃのサブスクサービス事業として2019年からサービスを提供しています。

運営母体が小さく感じるかもしれませんが、公式サイトやマイページなどを見てみると、スマホでも最適化されており、大手とそん色のない利便性が感じられます。

契約プラン・料金

  • 契約プランは2つ
    • おもちゃの確認・変更ができるプレミアム月額3,608円
    • スタンダード3,278円
  • 契約プランは2つ
    • レギュラープラン3,700円
    • ライトプラン2,490円

標準的なおもちゃ5,6個の契約プランの金額を比べてみるとほぼ同水準です。

『アンドトイボックス』の人気プランプレミアムコースでも3,608円と、『イクプル』のレギュラープラン3,700円より若干お得です。(プレミアムコースについては後述)

一方で、『イクプル』の「ライトプラン」はおもちゃが3個で、手軽に試してみたい人には最適なプランです。

▼『アンドトイボックス』vs『イクプル』月額比較
サブスクサービス月額税込

アンドトイボックス
スタンダードコース3,278円
プレミアムコース3,608円

イクプル
レギュラー3,700円
ライト2,490円

おもちゃの数

  • 4~6個
  • レギュラープランは6個
  • ライトプランは3個

『アンドトイボックス』のおもちゃの数は、4~6個。毎回約15,000円程度です。

おもちゃの選定は、実務経験がある常勤の保育士がプラン作りをします。契約プランにかかわらず担当プランナーがつき、発達支援プログラムを監修するのも特徴です。

『イクプル』の「レギュラープラン」は6個、『ライトプラン』は3個です。おもちゃの参考価格はレギュラープランで約2~3万円程度と、高価なおもちゃが多いのが特徴です(公式サイト情報参照)。

購入に勇気がいる木製玩具のラインナップが充実している点が評価されています。

おもちゃの事前確認・指定

    • LINEでおもちゃの確認
    • 却下・確定ができる
  • 不可
    • ジャンルなどの要望は可

『アンドトイボックス』の他社とは違う一番のポイント。

「プレミアムコース」では、おもちゃの発送前におもちゃの事前確認ができます(以下、ご参考)。

▲実際の確認・変更画面はこちら

さらに、ひとつひとつのおもちゃの却下・確定が選択式、変更できるのが特徴です。

スタンダードプランに比べて+330円になりますが、総額で見ると前述のように他社と同水準なので、『アンドトイボックス』を利用するなら断然「プレミアムコース」がおすすめです。

▲動画再生で、LINEでのおもちゃ確認・変更のようす

一方で、『イクプル』ではおもちゃの指定や発送前の確認ができませんが、申込時や交換時アンケートでおもちゃの希望や要望は出せます。

もっちっち

わが家でもこのようにリクエストを出しました。もっているおもちゃの入力欄もあります。

イクプル登録方法08
▲『イクプル』でも要望は出せる(画像:筆者申込画面)

対象年齢

  • 3か月~4歳11か月
  • 3か月~4歳未満

対象年齢には差異があり、『アンドトイボックス』はおよそ5歳まで、『イクプル』は4歳の誕生日を迎えるまで対応しています。

▼おもちゃのサブスク各社の対応月齢年齢
おもちゃのサブスク名称0m3m1y2y3y4y5y6y7y8y12y
トイサブ
アンドトイボックス
チャチャチャ
イクプル
おもちゃのサブスク
オモチャブ
キッズラボラトリー
玩具GANG
エコトイズ●*
いろや商店くらぶ
ジニーキンダー
トイズレンタ

●2022年9月時点●各社公式サイト掲載情報、サポート回答の内容を参照●表頭「m」は”か月”、「y」は”歳”を表す●『エコトイズ』はおすわり期からが目安

なお、『アンドトイボックス』は5歳以上の場合でもあらかじめ了承の上、継続することは可能です。

『イクプル』ではレンタル期間中に誕生日を迎えた場合、おもちゃを返却した時点で契約終了&請求停止となります。

兄妹プラン

  • 対応
  • 対応

『アンドトイボックス』では、4~6個&約15,000円の範囲内であれば、年齢構成とおもちゃの個数比率を伝えれば対応してもらえます。

『イクプル』も上の子と下の子でおもちゃを分けてほしい、と要望を出すことで、対応してもらえます。

おもちゃゼロ期間

  • なし
    • 次回分受け取り後に返送OK
  • あり
    • 今回分到着後に次回分発送

おもちゃの交換時に手元におもちゃがあるかどうかの「おもちゃゼロ期間」。

『アンドトイボックス』はおもちゃゼロ期間がないのに対して、『イクプル』はおもちゃの返送を確認次第の対応になります。

ただし、『イクプル』はおもちゃの発送スピードが早いのが特徴ですので、計画的にスケジューリングすることでデメリットが解消できるかもしれません。

割引キャンペーン

  • なし
  • なし
    • 2か月半額キャンペーンは終了

※2022年4月時点

どちらもオープンに行っている割引キャンペーンはありません。

もっちっち

『アンドトイボックス』は紹介制度がある、というウワサも…

『イクプル』では過去には、2か月お試しプランとして、月額半額以下のキャンペーンも行っていました。

今後の割引情報を入手するため、公式Instagramをチェックしておくとよいでしょう。

破損・紛失

  • 原則、弁償不要
  • 原則、弁償不要

『アンドトイボックス』、『イクプル』どちらも、破損時の弁償は原則、不要です。

なお、「原則」という表記もあるように、常識的な範囲や誤った使用方法の場合は弁償の必要があるので注意しましょう。

念のため、それぞれの公式サイトの記載内容を以下に引用しました。

通常の利用での故障や破損は弁償になりません。お子様には思いっきり遊んでもらって下さい。And TOYBOXでは通常の遊び方で起きたレンタルおもちゃの故障や破損に関して一切ユーザー様に対し費用を請求しません。子どもの遊びは傍目には乱暴に扱っているように見えても本人としては純粋におもちゃ遊びを楽しんでいるものです。弁償を意識してお子様の遊びを親御様が止めるということは当サービスとして本意ではありません。お子様には好きなことに夢中になってほしい、おもちゃ遊びを思いっきり楽しんでほしいと考えています。知育玩具を通じて親子関係を形成してほしいと思っておりますので好きなことに夢中になっている我が子を温かい目で見守ってください。ただし遊びと関係のない理由による破損等や紛失は別の扱いとなりますのでご注意ください。

アンドトイボックス公式サイト(文字装飾は当サイトによるもの)

SNSの口コミ

  • おもちゃの入れ替え(事前変更)がLINEでできる
  • 手持ちのおもちゃも踏まえたプランを提案してもらえる
  • 消毒は調剤薬局監修であんしん
  • お試しプランや割引がない
  • おもちゃの発送が早い
  • 木製玩具など高価なおもちゃが借りれる
  • おもちゃゼロ期間がある

※「定額で借りれる」「場所を取らないので助かる」など、おもちゃのサブスク全般の口コミは除く

『アンドトイボックス』は、特徴である送付前のおもちゃの確認&変更が好評

また、ひとつひとつおもちゃを確認・決定する手間もありますが、おもちゃの選定プランも高い満足度を誇ります。

他社に比べてお試ししやすいお得なプランがないのはデメリットですが、前述の通りおもちゃのミスマッチが防げるというのは安心ですね。

『イクプル』はおもちゃの発送の早さ、高価なおもちゃが評判な一方、おもちゃゼロ期間がある難点も。

口コミ詳細はそれぞれ別のページにまとめています。

こちらのページ同様、おもちゃのサブスク一般の口コミではなく独自&他社比較したうえでの内容となっています。

\ LINEでおもちゃの事前確認&変更OK /

\ ライトプランがお得&高いおもちゃ /

▲公式サイトでもっとくわしく

アンドトイボックスとイクプルが向いてるのはこんな人

おもちゃのサブスクどっちがおすすめ
▲うちの子にはどっちが向いてる?

ここまで『アンドトイボックス』と『イクプル』を比較してきましたが、まとめとして、それぞれどんな人に向いているのが端的にまとめました。

また、この2社以外にも注目してほしいサービスも併せて解説します。

アンドトイボックスとイクプルが向いてるのはこんな人

  • おもちゃを選ぶのに手間にならない!
  • 子どもが好きなおもちゃが分かってる!
  • おもちゃゼロ期間は絶対なし!
  • 申込後、すぐにおもちゃで遊ばせたい!
  • せっかくなら高いおもちゃがいい!
  • 持っているおもちゃと併せて活用したい!

\ LINEでおもちゃの事前確認&変更OK /

\ ライトプランがお得&高いおもちゃ /

▲公式サイトでもっとくわしく

他にも気になる他社のサブスクサービス

本ページでスポットをあてた『アンドトイボックス』、『イクプル』以外にも特徴的なおもちゃのサブスクサービスが存在します。

2社にはない特徴があり、SNSでも評判が高くネガティブな口コミが少ないサービスですので、後悔しないようぜひチェックしてみてください。

①業界ナンバーワン『トイサブ』

▲実際のユーザーが出演するTVCMはこちら
▼「トイサブ」料金・サービス概要
月額税込おもちゃ点数送料
3,674円5,6点無料
交換周期おもちゃゼロ期間最低契約期間
2か月なし2か月
リクエスト・カウンセリング兄弟プラン割引プラン
ありあり
運営会社サービス開始ユーザー数
株式会社トラーナ2015年11月12,000人

●「ユーザー数」は2022年3月時点

「みんなが使ってる人気のサービスがいい」「実績があって安心できるサービスがいい」など、迷ったら『トイサブ!』。

ユーザー数が業界ナンバーワン*で、これまで10,000世帯以上&50,000プラン以上のおもちゃをユーザーに提供しており、その数字からも信頼できるサービスと言えるでしょう。スタート間もないおもちゃのサブスクサービスもある中、失敗したくない人におすすめです。

*2021年10月時点。運営会社株式会社トラーナのプレスリリースを参照

2015年にサービス開始以降、日本も含む世界各地の1,800種類以上のおもちゃを取り扱った実績があり、長らく業界をリードしている会社ともいえるでしょう。

これまでの全ユーザーの利用実績・ノウハウが蓄積されており、それらを元に子供にぴったりのおもちゃを選定してくれるので、「おもちゃを選ぶ時間がなかなか取れない」というご家庭でも安心してお任せできます。

また、テレビ東京の教育番組「シナぷしゅ」のスポンサーでテレビCMもうっており、テレビCM放映記念の割引キャンペーンを行っているのも嬉しいポイントです(2022年1月時点)。

\ 1か月目2,939円キャンペーン実施中 /

▲おもちゃの一例など、もっと詳しく見る

②学研監修や特別支援プランがある『チャチャチャ』

▼「チャチャチャ」料金・サービス概要
月額税込おもちゃ点数送料
3,630円*6~7点無料
交換周期おもちゃゼロ期間最低契約期間
2か月なし2か月
リクエスト・カウンセリング兄弟プラン割引プラン
ありあり
運営会社サービス開始ユーザー数
自立の株式会社(福祉会社)2021年3月非公開

●「月額税込」は基本プラン。ほか「学研ステイフル監修プラン(月4,950円)」、「特別支援教育プラン(月4,378円)」あり●2022年9月1日から基本プランの月額変更(旧:3,410円)

チャチャチャ』の運営会社「自立の株式会社」は福祉会社で、ニーズに合わせた会員プランがあるのが特徴。

「基本プラン(3,410円)」のほか、子どもの発達が気になる&特別支援に特化した「特別支援強化プラン(4,378円)」5歳児向けのプログラミング&育脳プラン「学研ステイフルプラン(4,950円)」が用意されています。

サブスクサービスだからこそ、特化したプランがあるのは嬉しいポイントですね。

前述の通り、福祉会社が運営していることから一人ひとりの子どもに寄り添ったサービスがユーザーから評価されており、「安心して利用できる」「信頼できる」と高く評価されています。

\ 福祉会社運営であんしん&相談できる /

▲おもちゃの一例など、もっと詳しく見る

③購入型のおもちゃのサブスク『いろや商店くらぶ』

▼「いろや商店くらぶ」料金・サービス概要
月額税込おもちゃ点数送料
6,600円*1,2点無料
交換周期おもちゃゼロ期間最低契約期間
-(購入)なし3か月
リクエスト・カウンセリング兄弟プラン割引プラン
ありなし

●「月額税込」はスモールボックス。ほか「ビッグボックス(月11,000円)」あり●「交換周期」はレンタルでなく購入となるため-表記

他のサブスクはあくまで「レンタル」で期間終了後に返却する必要がありますが、『いろや商店くらぶ』は「購入」のサブスクサービスです。

月額には商品代と、おもちゃを選んでくれる・仕入れてくれる手数料が含まれるイメージ。「あくまで新品がいいけど何を選べばいいか分からない」「より自分の子供にぴったりのおもちゃや本を選んであげたい」という人にぴったりのオーダーメード型のサービスです。

なお、お店で取り扱っていないおもちゃや本図鑑も対象としているのも魅力的なポイント

おもちゃだけでなく、特に選書のサービスがユーザーに好評で、選書から本サービスを利用する人も少なくないようです。

なお、公式ホームページでも「他のサブスクと違う、残念?なところ(原文まま)」と断りがあります。

大変申し訳ございませんが、
店長が一人一人と対応いたしますのでお申し込み人数に制限がございます。
(中略)
「いろや商店くらぶ」は、たくさんのおもちゃを試して遊べることを目的としていません。
成長・発達に応じた最適なタイミングでおもちゃ・絵本・図鑑が定期的に届きます。

いろや商店くらぶ公式サイト

本記事執筆時点では公式ページでは受け付けているようでしたので、気になる方はホームページをチェックしてみてください。

\ ぴったりの玩具&本図鑑を選んでもらえる /

▲おもちゃの一例など、もっと詳しく見る

トイサブ

『トイサブ』のみんなの口コミ評判と他社と比較した特徴

\ 安心のユーザー数業界ナンバーワン /

▲おもちゃの一例など、もっと詳しく見る

一問一答で分かるアンドトイボックスとイクプルの比較

Q&A
▲気になる疑問を一問一答で解決!

これまで『アンドトイボックス』と『イクプル』の詳細比較をしてきましたが、一問一答形式でそれぞれの比較をまとめました。

おさらいとして、時間がない人はこちらも参考にしてみてください。

安いのはどっち?

最も安いのは『イクプル』のライトプランの月額2,490円。このライトプランはおもちゃが3個です。

標準的なおもちゃ5,6個で比較すると、『アンドトイボックス(プレミアム)』は3,608円、『イクプル(レギュラープラン)』は3,700円です。

契約プランの比較はこちらの章で比較・解説しています。

おもちゃの総額が高い、高価なおもちゃがあるのはどっち?

『イクプル』です。総額2万円~3万円のおもちゃ(レギュラープラン)で、木製玩具が充実している評判です。

SNSの口コミもそうですし、筆者が利用した際もコスパの良さを感じました。

おもちゃの数や中身についてはこちらの章で比較・解説しています。

割引プランやキャンペーンがあるのはどっち?クーポンは?

2022年2月時点でどちらもオープンになっている割引やキャンペーンはありません。

0歳から利用できるのはどっち?対象年齢に違いはある?

どちらも3か月からが目安です。上限年齢については、『アンドトイボックス』は4歳11か月まで、『イクプル』は4歳までが目安です。

対象年齢や兄弟利用についてはこちらの章で比較・解説しています。

おもちゃが壊れた時に弁償不要なのはどっち?

どちらも原則、弁償不要です。

例外となるケースや、紛失時の対応はこちらの章でまとめています。

口コミ・評判が良いのはどっち?

どちらもいい口コミが多く、ネガティブな評判が少ないです。

それぞれの代表的な口コミはこちらの章にまとめており、それぞれのサービスのメリットが評価されています。

なお、おもちゃのサブスク全般の口コミでなく、それぞれのサービスを比較した時の口コミを抽出しています。

  • 月額3,278円はトップクラスの安さ
  • 相談&リクエストもLINEで完結
  • 送付前のおもちゃ入れ替えOKは業界唯一
  • 嬉しいおもちゃゼロ期間
  • 洗浄・除菌は調剤薬局監修であんしん
  • 月額2,490円の他社にはないお得なプラン
  • 標準プラン3,490円はおもちゃ約2万円分以上
  • 2019年から岡山の製紙会社が運営
  • おもちゃゼロ期間があるが、発送・問い合わせ対応の早さがユーザーから高評価

今、人気のキッズ・ベビーアイテムは?

シェア・URLコピー
  • URLをコピーしました!
タップできる目次